お得に購入

一戸建てはいつ購入するべきか

一戸建て住宅を購入したい人はたくさんいます。特に一軒家で育った人に関しては将来的に一戸建てを欲しがる確率が高いのです。では、一戸建て住宅を購入するタイミングはどのタイミングでしょうか。建設会社は、金利が安い今こそチャンスだといいます。あるいは、消費税が増税する前に買っておこうと言う考え方もあるようです。しかしほんとにその判断で正しいのでしょうか。確かに今は金利がゼロに近い位低い数字をマークしています。一方、消費税増税も今後行われるのは確実です。消費税が5パーセントから7パーセントになった時も増税前には駆け込み需要と言う形でたくさんの住宅購入者が現れました。ですが、翌年の住宅購入者は予想通り大きく減少したのです。

結局はそこに住む人次第

この点、金利については今後上昇する可能性もあります。また消費税が増税しても、増税した分購入者は激減するため、不動産会社も生き残りをかけるために、さらに安値で販売する可能性もあります。そのように考えると、金銭面でどちらが有利かというのはだんだん不明確なものになってきます。将来的な物価もわかりませんしインフレになるかデフレになるかによってずいぶん結果が変わってしまいます。さらに、土地の価格が下がるかもしれませんし上がるかもしれません。ここまで複雑に絡みあうと、何を基準に考えたら良いかも明確では無いのです。それよりも、その一戸建て住宅に住むいる人間の都合に合わせて住宅を購入するという考え方が1番自然なのではないでしょうか。