バリアフリーに対応

満足できる仕上がりにするために大切なこと

家をデザイン性のある建物にしたいという人の中には、高齢者との同居も考えている家もあります。高齢者のことを考えるとデザイン性よりバリアフリーを取り入れて家を作るというようなどちらかしか選べないというイメージがありますが、そのようなことはありません。工務店やハウスメーカーのプロの人としっかり相談しながら話を進めることで、バリアフリーを取り入れたデザイン性のある家を作ることができます。家を購入する際、分譲住宅と注文住宅のどちらかで購入されていますが、注文住宅にすることで、設計を自由に行えます。そのため、バリアフリーをどのように取り入れてデザインしていくのかを自分たちで決められるのです。設計する際、法に沿った決まりを取り入れて建築しなければいけないため、全てを自分で決めるということはできませんが、工務店やハウスメーカーとの話し合いをしっかり行えば、満足した家に仕上がります。

家づくりに力を入れたい箇所を決めておく

デザインを決めていく上で重要なことがあります。それは、何を重点におくかということです。人によって、ベランダを広くしたい、リビングを開放的にしたい、窓を大きくしたいという理想のデザインがあります。そのデザインを重点におくことで、その部分に力を入れ満足できる家にすることができるのです。バリアフリーを取り入れて高齢者が住みやすい家にするだけでなく、一緒に住む家族みんなが過ごしやすい家にするためには、重点におきたいんはどの場所なのかを決めることが重要です。